今回のお献立はフルーツの器が使われています。


こちら、三宝柑を器として使ったお刺身の盛り合わせです!



お刺身の色合いと三宝柑の黄色のコントラストがとても綺麗ですよね。


この三宝柑は和歌山が原産であり、江戸時代には珍しい種として「藩外持ち出し禁止」と言われ大切に扱われてきました。


春の季語である「三宝柑」。


一足はやく春を感じられる一品です。


お刺身の下にフィルムがありますので、お刺身のお味は変わらずに楽しんでいただけます。