三桝家には、先代から伝わった大切にされてきた調度品があります。


こちらの有田焼は江戸時代末期のものと伝えられてきています。



一階ロビーの調度品コーナーに飾っています。


有田は日本で初めて磁器が焼かれた産地であり、その歴史は400年をこえます。


江戸時代後期に繁栄したと言われていますが、この大皿もその時代に造られたものです。


円熟された職人の技術が光る一つになっています。