いつもご覧いただきありがとうございます。


新館に新しいキャレモジが飾られました。



どこか儚げで、しかし暖かみを感じられる作品です。


余白も含めた全てを和のアートとして表現している「インテリア書アート」。


館内には様々なキャレモジが飾られています。


どうぞご覧ください。